MENU

探偵業者と一口に言っても、中には悪質でいい加減なところもあるのが現実です。ネットでクチコミをチェックするなどして、誠実そうなところを選びましょう。ところで、不倫調査を依頼しても、決められた時間内に有力な証拠を得られるとは限りません。調査に要する時間と代金は、説明をしてもらって納得できたら契約するというふうに、一定の段取りはとるべきです。探偵会社を利用するにあたって、どうしても気になるのが経費を含む料金の総額だと思います。コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって変動してきます。行動調査(不倫など)の場合でしたら、1時間前後の調査を依頼したときの中央値は、2万円台と考えておくとよいでしょう。まともな業者であれば同じような価格帯だと思いますが、プロに相談して見積もってもらうのが一番でしょう。2社以上に聞くと色々わかって良いですよ。既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)というのが多く、嫌いで不倫しているのではないことが窺われます。裏切っていることに対してあらためて後ろめたさを感じるようになったり、W不倫の現実に辟易するのです。それと例えば、転勤とか家族都合で会う時間がとりにくくなったりすると、以前からの罪悪感もあって、関係解消へと動いてしまうのです。探偵社には調査報告書というものがありますが、特にフォームに決まりはありません。しかし、調停離婚や訴訟の場で利用する可能性がある場合は、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、良質な情報を備えた報告書でないと意味がなくなってしまいます。自分が報告書をどのように使用する(予定)か考えた上、探偵社を選ぶようにしなければなりません。私ではなく職場の同僚の話です。彼が単身赴任中に妻が浮気していたとかで、不倫相手に裁判を起こしたいみたいなんです。気持ちは分かりますが裁判となると相応の費用もかかるでしょうし、不倫の動かぬ証拠をおさえて不倫相手に慰謝料の支払いを求め、交際も接触も一切禁止にするのも手なのではと言ったのです。まずは冷静になることですよね。相手がいるのに一線を越えてしまうのが不倫ですが、相手を替えて何度も重ねる例も少なくないようです。ひそかに不倫しているところを見られて、一応反省はするものの、浮気相手と示し合わせて猫をかぶっている可能性だってないわけではありません。胡散臭いと思うようなところがあれば、探偵を頼むなどして、相手の不貞行為が明らかになるような証拠を見つけて、お灸をすえてやりましょう。名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、選ぶときには人気や評価を基準にしたほうがいいです。少し手間でもネットを使えば、探偵業者のクチコミや営業所レベルでの対応などを知ることができるでしょう。自分が住んでいる近くで満足度の高いところを選んで、相談や事前見積りをしてもらえれば、他より質の高い仕事をしてくれて、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。探偵業の存在を知っていても、利用することはほとんどないでしょう。いきなり不倫調査を依頼したいと思ったところで、どこが良いやらピンとこないのが当然とも言えます。探偵業務を行う事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。認められれば営業所ごとに番号が付与されるので、届出をした正規事業者であるかは届出番号を取得しているかどうかでもわかります。つまり、業者のウェブサイトに許認可番号が掲載されていることを確認して、依頼するようにしてください。業界で名の知れた会社が100パーセント素晴らしいとは言いませんが、やはり規模が大きめの探偵社(興信所)に頼むと後悔することが少ないと思います。規模の小さな会社では、充分な調査をせずに高額な料金をとったり、費用の説明が不十分なところもあるからです。それとは別に、相談した際の職員の対応なども重要です。納得がいかないようなら依頼すべきではありません。配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。なるほど、もっともです。ただ、この調査の時点では敢えて難しく考えることもないのではないでしょうか。離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、浮気の証拠があれば何にしても絶対的に有利というものです。興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、何らかのかたちで決着をつけたいと思ったら、探偵業者に調査を依頼することを推奨します。義両親が子どもの面倒を見てくれるので、それならとバイトを始めたのですが、そこの社員さんにアタックされ、既婚者だと分かっていて、浮気してしまいました。ずっと家庭から出ず、何年も専業主婦してきていたせいか油断があったのでしょうか。最近、様子が違うと、主人はすぐ気づいたようで、相手の奥さまと内密に連絡をとられて、むこうからは慰謝料を請求され、私自身も離婚する事態になりました。不倫調査を頼む際は、結局のところ何を主眼に調査してもらうかをあきらかにしておくことが大事です。たとえば、配偶者の不倫さえなくなれば良いのか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などを区別して、伝えておく必要があります。その希望次第で調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくるため、自分の希望をよく伝えておくことが大切です。不倫の疑惑があるからといって調査まですることはないと考える人は多いです。けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、女性の気配のないような会社でも無関心でいてはいけません。取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。挙動が不審で浮気の疑いがあるなら、不倫の調査に詳しい探偵業者に依頼すれば、いたずらに心配せずに済み、気持ちの上でも安らかになるはずです。安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。おそらくそれは少し昔の話でしょう。顧客は一見さんが多く、手抜きはバレないだろうと思われていたからです。とはいえ現在は、ウェブを見れば業者の誠実さなどはユーザーレビューなどである程度判断がつくのです。安値ばかりにこだわれば品質が落ちてしまいがちですが、高いばかりで品質が伴わないところへ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、実力と料金のつり合いがとれた会社であれば、あとで後悔することもないでしょう。配偶者の浮気の兆候に気づいた際は、ぜったい裏付けをとるべきです。あきらかな不倫の証拠というと、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。個人が不倫の尾行をしたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を得るのは危険も伴いますし、探偵業者に依頼することも考える価値があるのではないでしょうか。
近年は技術改良が進んで、GPSの衛星測位システムを使って浮気を容易に把握できるようになりました。気になる相手にGPS機能搭載のスマホを持ってもらうことで、相手の現在位置が分かってしまうのはすごいですね。非合法な方法ではありませんし、自力でパートナーの浮気を見つけようと思ったら、これとウェブ上のマップを併用するといいかもしれません。普通、離婚となると、浮気経験のある親というのは子供の親権がとりにくいと思われているようです。道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。調整や裁判での子供の親権というのは、日常的に子と生活を共にしているかとか、子育てに対する積極性などを考慮します。つまり、子供の生育に適した環境かを重視して判定するのです。探偵に調査を依頼するときには、一般的な調査費用の相場について知っていないと、意外に高額で、「騙されてる?」と思った人もいるそうです。なにせ、2時間で2万円台あたりを計算しておくと間違いありません。たとえば追跡調査の時間数や日数を増やしたりすると、依頼者の費用負担は増加するため、金額が心配なら上限を限っておくといいでしょう。探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、満足な調査が行われなかったり、お金を溝に捨てるようなはめになります。相談に行っただけなのに事務所に足止めし、料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は要注意です。断ったり、返事を保留にして帰ったあとで、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのは劣悪な業者とみて間違いありません。誠実な探偵業者はまず行わないようなことでも平気でしてくるのです。不倫関係を精算したきっかけで圧倒的多数を占めるのは、配偶者への暴露です。ただ、一般人が自力で不倫の証拠を押さえるというのは簡単ではありませんから、そういったことを専門にする探偵会社に怪しい点を探ってもらうのが効果も高いうえ確実です。とはいえ、不倫の気配に気付くまではやはり自分以外にその役目を果たすものはありません。きっぱりと不倫関係を解消させるには、きちんとした不倫の裏付けをとって、双方に慰謝料の支払いを求めるのが有効です。浮気相手は遊びのつもりで考えなしにやっていることも多いです。慰謝料請求という現実を見せることで、自分たちがしたことを実感させるというわけです。アラサーの会社員です。妻は独身時代からの保母の仕事を続けています。つい最近、同僚の男との浮気が判明。しかし、バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。謝罪の言葉もなにもありませんでした。これでは夫婦の意味がないですよね。悩むだけで健康を損なうことってあるんですね。このままにしておくつもりはありません。こちらも何か行動を起こさなければと思っているところです。念願だったパートの仕事。子供が10歳になったのを機に始めたのですが、子育てのことで親身になってくれた男性社員さんと、お付き合いを始めました。まあ、不倫ですよね。子供が手を離れるまで、どっぷり主婦をやっていた私は用心が足りず、最近、様子が違うと、夫なりにすぐピンとくるものがあったらしく、相手の奥さまと内密に連絡をとられて、両家ともに離婚。そして双方が慰謝料を請求される羽目になってしまったのでした。探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。どんなところが高い技量を持つかというと、企業としての規模によるところも大きいでしょう。フランチャイズで幅広いエリアをカバーしている会社は、新しい機材の検証や、それによる調査方法の見直しなどに取り組んでいて、他社より一歩も二歩もリードしているという良さがあります。また、大規模な業者では探偵や内勤職員の教育にも積極的で当然ながら調査面に反映されてきます。不倫の調査を興信所にさせるなら、個人情報を伝えずに頼むことはできないので、できるだけ信頼できるところにお願いしたいですよね。オトクを重視して調査員がアルバイトなんてところに当たったら、バイト気分とバイトレベルの調査能力のせいで予期しなかったトラブルや金銭問題を招くおそれがあります。あとになってガッカリすることがないように、あらかじめ情報集めをして、変な業者はふるい落としておくことが大事です。婚姻関係にない不倫の関係であっても、生まれた子の認知請求ができるのをご存知でしょうか。一度認知させれば子供の養育費などを請求できるため、とても重要な手続きです。すでに別れていたり、認知するしないで揉めた場合には、裁判になることもあります。子供ができないうちに関係を解消できなければ、長い将来にわたって多大な支出を被る危険性があります。複数の探偵業者が存在する以上、競争というものが発生します。その中で、大幅値引きな価格を提示したり、浮気調査なら一律いくらなどと謳う業者もしばしば目にするようになりました。しかし、均一でも料金に含まれない場合は別途追加というケースもあり、あとになって料金が割高になることもあるので、契約する前に、納得できるまで説明を聞き、最終的に割高だった!なんて結果を招かないよう気をつけるようにしましょう。相手の不貞行為が判明した場合は、誰だって頭の中が混乱するものです。でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。そのときは、どのように対応するか具体的に考えましょう。浮気なんていうものは、やったほうが悪いのです。気持ちの上では慰めにならないかもしれませんが、心労や今後の生活上の不都合に対する慰謝料請求はきっちり行い、相手に責任をとらせましょう。探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、かつては無線発信機を使用していたのですが、いまは高性能GPSの利用が進み、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほど対象車両の追跡に効果を発揮しています。最近の高性能GPSというのは正確で、地下駐車場など通信困難な場所でない限り、追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。外装が目立たないGPSもあるので、一度取り付けてしまえば調査の精度はさらにあがります。先週、夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、ほとんど病気なみに身についたもののようです。独身時代からいままで、何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感を覚えます。そこまでいちいち確かめていてもしょうがないのですが、男の人の浮気ってこんなにも直らないなんてあるんでしょうか。許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる意味がありませんし、別居するくらいなら離婚のほうが良いと考えています。
夫の浮気が心配で調査依頼のために探偵の元を訪れるとかいう設定は、レディコミやドラマでもしばしば見かけたりします。ときには「素人探偵」が活躍したりもして、危険なことは無理でも、尾行くらい自分にもできるのではと思うかもしれません。ただ、調査対象が用心している場合などでも秘密裏に追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは難易度の高いワザです。調べていることが向こうに分かってしまっては元も子もありませんから、その道のプロである探偵社に任せることを強くお勧めします。探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、破格値で調査してくれるところとか、一律価格を謳う会社が増加する傾向にあります。ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合もあるので、契約する前に、価格や内容をよく確認し、トラブルにはまらないよう注意しましょう。興信所や探偵業者は無料相談電話ではありませんので、作業には支払いが必要です。それに、依頼する調査の内容次第で見積り額も変わってくるでしょう。素行調査ひとつとっても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。それだけでなく、深夜、早朝、昼間といった時間帯でも料金に差異が出てきますので、所要時間が多ければ、費用も多く見込まなければいけません。子供のいる親が離婚する時は、浮気経験のある親というのは子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。でもそれは、絶対的なものではないのです。調整や裁判での子供の親権というのは、子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、育児への参加度合いなどを重くみる傾向があります。つまり、子供の生育に適した環境かを最も重要なことと考えているようです。配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。なるほど、もっともです。ただ、この調査の時点では敢えて難しく考える必要は実際のところ、ないと思います。不倫をやめさせる、慰謝料を請求する、離婚する。いずれにしても、その証拠を握っておいたほうが有利なのは確かです。もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、探偵業者に調査を依頼するのがいいでしょう。依頼をうけた探偵社が実際に浮気調査をする際は、映画やドラマの探偵のような手法で行動調査を行っていることもあります。対象に気付かれずに尾行したり、張り込みも行いますし、相手の行きつけの場所や時間を割り出し、必要があれば周囲に聞き込みなどをすることもあります。ただ、社内機密といって依頼者にも開示しない調べ方があるとも言われています。浮気していたことがわかり、離婚調停や裁判ということになれば、配偶者の不倫行為の裏付けが必要です。よくあるものとしては、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。それに、スマートフォンのメール、LINEのトーク履歴などが不倫行為の裏付けとして認められるケースがあります。大手以外にも多くの探偵業者がありますから、やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。少し手間でもネットを使えば、各探偵業者の利用者のクチコミを見ることができると思います。居住地の近辺で好評価を得ている探偵を見つけて、相談を持ちかけてみれば、あとは業者に任せるだけで済み、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、自力で不倫の証拠を押さえるのは困難でしょう。ただ、証拠というのは重要です。もしあれば、離婚してもしなくても、有利な展開に持ち込むことができます。ですから、不倫をしているなと思ったら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。お金はかかるものの、交際相手とホテルから出てくる写真のように、しっかりとした証拠を揃えることができます。会社規模が大きければ大きいほど絶対的に優秀だとは言い切れませんが、探偵業者の場合は大手のほうが後悔することが少ないと思います。会社規模が小さなところでは、充分な調査をせずに代金の支払いを求めてくる会社やコストテーブルの説明すら濁すところもないわけではありません。また、営業所の相談員の態度なども依頼するかどうかの判断材料になるでしょう。私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。簡単です。いつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。嘘を言うときには人は必要以上に堂々とするものですし、見ればわかるというものです。短い質問なら簡単に答えれば良いのに、まるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。やましいと感じていると、黙って様子を見られるのが怖いあまり、よく喋るみたいです。目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでも分かります。こちらが落ち着いているほど効果的です。個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等を依頼主に提供する探偵の業務は法律に抵触しないのかと心配する方もいるようです。現在は探偵業法による規制があるので、その点は心配要らないでしょう。この法律が発効されたのは平成19年です。それ以前は調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、悪徳業者による詐欺行為や不当な請求といったトラブル発生抑止のため制定されたものです。興信所に持ち込まれる案件の多くは、不倫の有無を調べる追跡調査です。そんな仕事を例に、プロの仕事を解説します。普通の調査では、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、相手を追うことから始まります。依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って証拠を入手します。探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。興信所と探偵。何か違いがあるのではと思う人もいるようですが、現代ではその違いは単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。探偵業を営むという点で変わりないです。ですから、不倫の調査をしてもらう分には、同じと考えて問題はありません。と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、事業者ごとに特徴があるため、依頼する前に確認しておいた方が良いでしょう。出口の見えない不倫でも、かならず終わりがあります。浮気が露見した結果、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になったとか、慰謝料請求や財産分与で金銭的にボロボロになることだってあります。表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至るパターンもあります。やっとの思いでゴタゴタを片付けても、本当の意味での幸せなんてあるわけがないのです。
興信所や探偵社に不倫調査を依頼する場合、依頼者からするとその費用は、実に気になるところだと思います。無料で相談を行うところも最近は多くなってきて、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。見知らぬ会社に一人で行って、もし悪質な業者だったらと不安に思う人もいるかもしれません。それなら、相手の会社ではなく、不特定多数の客がいるコーヒーショップなどで懇談するのも良いと思います。契約の強要といった事態の防止につながるからです。ペットの迷子探しがあるせいか、混同されることもあるのが探偵業者と便利屋です。しかし、それは大きな間違いです。この二つには大きな違いがあることにお気づきでしょうか。個人でも会社でも便利屋をするには届けが要らないのに、探偵業を始める際は、警察署経由で所管の公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、探偵業届出証明書の交付を受けなければ営業することはできません。管轄官庁による管理が必要なほど専業で調査業務を行う探偵社だからこそ、安心して任せられるのではないでしょうか。携帯電話をチェックしなくても、不倫をしているかは想像がつくものです。例えば、単刀直入に質問してみるといいのです。大抵の人間はウソをつくとき、カラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。また、少し訊かれただけで、懇切丁寧に細かいことまで話しだすのも疑わしいです。隠し事があればあるほど、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでも分かります。こちらが落ち着いているほど効果的です。世間的には離婚した際、浮気していた側は子の親権をあきらめなければいけないと思っている人が少なくないようです。道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。調整や裁判での子供の親権というのは、生活を共にしているかどうかや子供を育てることに協力的だったかどうかといった点がチェックされます。つまり、子供の生育に適した環境かが優先されると考えて良いでしょう。興信所や探偵選びで迷ったら、まずは大手や中小にこだわらず、地域周辺に限って、ネット検索すれば会社の数は限定されます。さらにクチコミや規模などで選定し、最寄りの営業所か代表電話に電話して、依頼したい旨を伝えてみましょう。とにかく話を聞いてみなければ、安心して任せられる業者かも知りようがないですから、心配なら2社以上にかけてみれば良いのです。浮気調査はとてもプライベートなことですから、相手が探偵社でも重要な個人情報を晒すのは気が引けると思う人はけして少なくありません。最初の見積りのときはおおまかな情報のみでOKという探偵社が多いですし、まず聞いてみることが大事です。しかし、いざ依頼するとなると契約書を交わすことになりますから、ある程度の個人情報が知られることは受容していただくことになります。浮気調査などで探偵社に依頼する前に平均的な価格というものを知らないと、高い価格に悪徳業者だと誤解しかねません。時間あたり1万円程度を想定していると確実です。一般的に言えば「高い」と感じますよね。仮に尾行の日数を増やそうものなら、費用はかさむので、金額が心配なら上限を限っておくといいでしょう。一般的に不倫の証拠に使える写真というと、浮気相手と共にホテルに入る場面でしょう。頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、肝心の画像が上手にとれない場合が多いようです。確固たる裏付けとなるような高画質で撮影したいのであれば、その道のプロである探偵に依頼する方が良いのではないでしょうか。名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。ネットを活用すれば、探偵業者のクチコミや営業所レベルでの対応などを見ることができます。自分が住んでいる近くで評価の高い業者を見つけ、相談を持ちかけてみれば、調査を任せても安心でしょうし、不倫の証拠収集も期待できるはずです。配偶者に浮気をしていることがバレたときは、慰謝料が必要になることがあります。婚姻関係や婚約中といった間柄なら当然です。相手がきちんとした裏付けをとっていれば、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。だいたいの支払額ですが、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと幅があるようです。払える見込みが立たないときは、減額が可能かどうか相談してみるのも悪くないかもしれません。資格不問で採用してもらえるのが探偵社ですが、不貞行為の調査などで成果をあげるには、しっかりとしたスキルが必要です。ベテラン社員にも複数回の講習や試験を義務付けている会社もある一方、酷い会社になると調査の現場にほぼ素人のアルバイトさんを投入していることもあるという話ですし、気をつけなければなりません。金銭という対価に合った仕事ができる探偵が調査することが確実な成果につながるのです。SNSを使いこなす人が増えているせいもあってか、そこから浮気がバレるケースが増えています。パートナーが以前に比べ頻繁にSNSを更新しているときは、浮気相手と連絡をとっていることも考えられます。SNSに関わる相手の態度というのは、ある意味、浮気の指標と言えるかもしれませんね。一般的に不倫で結婚した人は幸せを感じにくいと言われています。100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。どう言い繕ったところで自分の幸福のために、平気で別の家庭を壊したりできるのですし、めでたく結婚したところで、出会いのきっかけなんて言えませんし、ばれるの怖さに嘘をついて暮らし、ばれるといけないので旧友も呼べません。一度不倫を経験してしまうと、再び不倫にならないとも限らず、心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるでしょう。でも、そう難しく感じる必要は実際のところ、ないと思います。不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、動かぬ証拠を握っておいたほうが、メリットはあるはずです。もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、興信所に頼んでみるのが最もストレスの少ない方法だと思います。いざ浮気調査を探偵に依頼するとなると、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等を顧客に売却する探偵の行動が違法なのではないかと心配に思う人も多いようです。現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは個人や法人の探偵業者だけ規制する特別な法律がなかったので、違法な詐欺まがいの業者との様々なトラブル発生抑止のため定められました。